頭皮を臭くさせない為にできる5つのこと

頭皮が臭い

頭が臭い!5つの阻止メソッド

通勤の電車や、会社のエレベーターで周囲に広がる他人の頭の臭い、気になりませんか?

整髪料の臭いならまだしも、汗臭い、脂臭い、かび臭い…

日々の仕事で疲れている上にこの臭い…

気が滅入ります。

でもですよ、もしかして、そんなアナタも周囲からそのように思われているかもしれません!

頭の臭いも含めて、人は自らの体臭に気づきにくいものです。

気づかないうちに不快な臭いのせいで周囲の人は離れているかもしれません。

そんな訳で、あなたの周囲の人にも心地よく過ごしてもらえるように、今回はは頭の不快な臭いを防ぐ方法をご紹介します。

まず、頭の臭いの原因は、汗、皮脂、雑菌の3種類に分けられます。

運動不足などがきっかけで汗腺の性能が低下すると、通常は体に吸収されるはずだった栄養成分も汗と共に流れ出てしまいます。

この流れ出た栄養成分が悪臭の原因です。

脂っこい食事を普段から多く摂取していると、汗に含まれる皮脂の量が多くなります。

すると毛穴や皮膚に皮脂が残りやすくなる為、それらが時間の経過で酸化し臭くなります。

人の皮膚には皮膚常在菌とよばれる体の表面を病原菌などから守ってくれる細菌がいます。

けれども、皮膚常在菌は皮脂の過剰分泌などにより増殖する事で臭いの元となる物質を大量に生み出します。

頭の匂いの原因が分かったので、次は具体的な改善策を5つご紹介します。

1.適切なシャンプー

シャンプーを1日に何回もしないこと、頭皮をゴシゴシし過ぎないことが大切です。

要するに「頭を洗いすぎるな!」という事です。

理由は、皮脂はほんらい皮膚を守るためのものです。

皮膚をゴシゴシと洗い傷つけてしまったり、皮脂の落としすぎで皮膚が荒れたりすると、皮膚を守ろうと皮脂の分泌が過剰になります。

正しく頭を洗うためには、充分にシャンプーを泡立ててから、頭皮を指の腹で軽くマッサージするように洗い、泡が髪に残らないように、しっかりお湯で洗い流しましょう。

コンディショナーは、頭皮に直接つかないように配慮しながら、馴染ませるようにつけましょう。

2.しっかり髪を乾かす。

1で正しいシャンプーを行った後は、しっかりと髪を乾かしましょう。

皮膚常在菌も含めて、菌類は高温多湿な環境でよく繁殖します。

髪が濡れたままだと菌が増殖しやすくなり、頭が臭くなります。

しかも、臭いだけではなくフケや痒みの原因にもなります。

3.食事の改善

脂っこい食事は控えましょう!

脂っこい食事は皮脂の分泌を増やします。

スナック菓子なども控えましょう。

加えて、皮脂の酸化を抑える為に抗酸化作用のある栄養素を摂りましょう。

ビタミンCの豊富なレモンやバナナ、ビタミンEが豊富なシソやカボチャがおすすめ!

緑黄色野菜には抗酸化作用のあるベータカロチンが豊富です。

4.運動で汗を流す

運動不足は汗腺の機能低下を招き、臭い汗を流すようになります。

普段から程よく運動をして汗を流しましょう

突然ウェイトトレーニングの様な過剰な運動をしてしまうと、血中にケトン体という臭いの元が現れてしてしまう為、ウォーキングなどから始めることをおすすめします。

5.ストレスを溜め込まない

ストレスを溜め込むと、自律神経が乱れ上手く汗をかけなくなることがあります。

溜まり込んだ汗には匂いの素が沢山混ざっていますので当然、頭の臭いも強くなります。

なお、人はストレスを感じると、体内の活性酸素が増えるため、皮脂の酸化も促され臭いを放ちます。

まとめ

シャンプーは程々にして、きちんと乾かして、脂っこい物は食べず、適度に運動をして、ストレス解消する。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました